金融ローンキャッシング辞典

ローン

カードローンや借り換えに役立つ情報

サラ金の借り換え

現在、某サラ金(L社)より200万円の負債があります。月々59,000の支払です。
借り換えを検討しておりますが、お勧めのところを教えていただけませんか。
(*この記事の著作権は該当サイトにあります)

どっちが得?借り換えの前に繰り上げ返済

現在3000万円を10年固定2.8%で返済しています。
借り換えを検討しまして2.0%(10年固定)の良いところを見つけました。
1000万円現金ができ繰上げ返済をしたいのですが借り換えの前に、繰り上げ返済をした方がいいのか?
それとも2・0%のところで借り換えをしてから返済をした方が良いのか?
現在借りている銀行は繰り上げ返済時に高額の手数料がかかるのが気に入らず、1000万円の繰上げ返済時に42000円の手数料がかかります。
500万以下は31500円も手数料がかかるので借り換えは100%する計画です。
ローンは1年半経過しているので借り換えでの違約金はかかりません。
3000万円を2000万円にしてから新たに借り換えをした方が得なのか?
(*この記事の著作権は該当サイトにあります)

借り換え(高利)
消費者金融の借入(高利)を低利の銀行やろうきんで借り換えを検討している場合、以下の条件で借り換えの可能性はありますでしょうか?
年収約350万、男性、勤続4年、検討中の業者は金利約23%(枠55万、残38万、現在返済のみ状態)、過去に他社で残債有りの過払い請求(契約見直し) が1件あります。
よろしくアドバイスお願い致します。
(*この記事の著作権は該当サイトにあります)

おすすめ!借換えカードローン
積極的な借り換え
返済に困っていないけれど、月々の返済が減ったりその他得することがある場合の乗換の場合は、銀行のカードローンが一押しです。
消費者向けの使途自由のカードローン商品は各銀行が競争をしていますので、金利も低くなっていますし、所得証明不要で申込めたり、
住宅ローンなどと併用することでさらに金利が下がったりなど得になるサービスを行っています。
(*この記事の著作権は該当サイトにあります)

借り換え 銀行から・・・
消費者金融1社から200万円強 15%
月4.5万定額返済中です。
さらに低金利の銀行などから借り換えは可能でしょうか、、。
(*この記事の著作権は該当サイトにあります)

ローン記事一覧

量的緩和がされ続けていて、金利が上がらない状態が続いています。デフレの克服のために、お金をじゃぶじゃぶにして、お金の価値を下げる政策です。まだまだ今年は量的緩和がさらに実行されるのではないかと思いますので、金利が低い状態は続くでしょう。こういう時こそおかねは借りるべきで、また少しでも金利が高いものを借りているのであれば、借換えを検討した方がいいでしょう。今ならば変動金利でローンを組んでもいいと思い...

被災地の、事業者や、住宅ローンを抱えたまま、家を失ってしまった人のために、債権のため新たなローンを組むことで、二重ローンになってしまう問題があります。その二重ローンを会費するために、既存のローンの免除や、返済猶予などを、新たに作る機構で買い取らせてから、行う方向で、検討されていましたが・・・どうも野党との合意ができず、もの別れに終わってしまったようです。まだまだ、被災者は再起の道筋をつけるための機...

以前の記事でもかきましたが、銀行のカードローンが金利が安くて得だという話をしました。消費者金融や銀行の無利息キャッシングで借りて期限オーバーして高金利を穫られるリスクよりもずっといいと思いますし・・・クレジット会社のリボ払いで高金利を穫られるよりずっといいと思います。この年末年は、何かと出費が重なるとおもいますので、銀行のローンカードを持っていると便利だと思います。申し込みも簡単で、消費者金融のネ...

どうしてもその月にお金が足りなくなってしまった場合、どうしたらいいでしょうか?1月以内で支払われる可能性がある場合、利用できるのは無利息キャッシングだと思います。30日以内ならば、金利もつかず一度返せば何度でも利用できるというところも結構ありますただし当たり前ですが、30日を越える借り入れが必要な場合、またその可能性が有る場合は、どうしたらいいでしょうか?そんな時に一般の消費者金融で借りるのは、金...

当分、日本の公定歩合は上がらず、お金はじゃぶじゃぶですから、金利は低いままだと思いますが・・・それに輪をかけて、住宅ローンの借り換え需要をねらって、金融機関が、低金利競争を行っています。変動金利で、史上最低の0.7%ととかもでています。フラット35住宅ローンでも、本来固定金利が35年続くからフラットなのに、最初の10年は優遇とかあります。

このところ市場金利の上昇がおきています。住宅ローンの金利も上昇して、フラット35あたりでも3%ぐらいになっています。2%前半で住宅ローンを組んだ人はお得だったといえますね。また、早めに固定金利に住宅ローンの借り換えを行って人も良かったと思います。まだ下がると思ってのびのびにしていた人は、結構な損になると思います。

住宅ローンとは、今更いうまでもないかもしれませんが、家を購入する時や家を買い替える時、また大規模な改築などに必要な資金を借りるためのローンです。現金で家を購入人はごく一部だけですから、住宅ローンを組む人は多いと思いますが、住宅ローンを一言でいってもいろいろな種類の住宅ローンがあります。おそらく人生に二度も三度も使うことはなく、数十年の返済をすることになりますから、住宅ローンを組む場合には自動車ロー...

最近しきりに、事業ローンなどの大口ローンを組むチャンス、借り換えのチャンスということを指摘してきましたが・・・いがいと早く、大口ローンのチャンスが少なくなくなってくるかもしれません。日本の公定歩合は相変わらず、あげることも、下げる事もできないという状況ですが・・・すでに市場の長期金利は上昇し始めていて、住宅ローン金利も上がり始めました。

現在過去最大規模といわれる、住宅ローン控除が行われていますが。確定申告をして受けられる住宅ローン減税受けられるのは2013年までで、始まった当初から毎年減税規模が少なくなっていくというものです。東日本大震災の被災者向けに、この減税規模の拡大がなされることになりました。1度この住宅ローン減税受けている人でも、震災で、家が流されなどして、再度住宅ローン購入する場合、再び減税受けられるようになります。

トップへ戻る