住宅ローンとは

住宅ローンとは、今更いうまでもないかもしれませんが、家を購入する時や家を買い替える時、また大規模な改築などに必要な資金を借りるためのローンです。

 


現金で家を購入人はごく一部だけですから、住宅ローンを組む人は多いと思いますが、住宅ローンを一言でいってもいろいろな種類の住宅ローンがあります。

 


おそらく人生に二度も三度も使うことはなく、数十年の返済をすることになりますから、住宅ローンを組む場合には自動車ローンなどのローンを組むよりもずっと慎重になる必要があります。

 


住宅ローンの総額は、当然人によって金額がかなり違ってくると思います。

頭金なしですべて住宅ローンで家を購入する場合になると、総額で2千万円とか3千万円とかそれ以上という額の住宅ローンを組むことになるでしょう。

 


それだけ慎重に住宅ローンを選部必要があるので、住宅ローンアドバイザーに相談するといいでしょう。

 


住宅ローンを選ぶ時のポイントはやはり金利ですね。金利の低さで住宅ローンを選ぶのはもちろんのこと、借りた当時の金利がいくら低かったとしてもそれから先の住宅ローンの金利が上がってしまったらこれは意味がありません。

 


ですから長期的に借りるわけですから長期的な住宅ローン金利も見て借りるといいですね。

 


一度借り入れた住宅ローンの金利が上昇したことで数年後に、変動金利から、固定金利のへの借り換え行っている人もいますが、再びサブプライム問題で金利が低下していますね。

 


最近は借りかえ専用の住宅ローン商品が出てきていますので、住宅ローンの借り換えは、金利の見直しのために行う人も多いので、途中でを別の銀行から借りるということもけっこうあります。

トップへ戻る