低金利競争時代の住宅ローン

低金利競争時代の住宅ローン

低金利競争時代の住宅ローン

当分、日本の公定歩合は上がらず、お金はじゃぶじゃぶですから、金利は低いままだと思いますが・・・

それに輪をかけて、住宅ローンの借り換え需要をねらって、金融機関が、低金利競争を行っています。

変動金利で、史上最低の0.7%ととかもでています。

フラット35住宅ローンでも、本来固定金利が35年続くからフラットなのに、最初の10年は優遇とかあります。

ただ、かつても、10年後から、金利が上がるタイプの住宅ローンを組んで、収入が減って、払えなくなったりする人がでていますので、

10年後の金利が増えた時でも余裕で支払える、そんなローンを組まないと危険です。

収入が幹型上がりな時代ではなく、左肩下がりの時代ですから、ご注意を

トップへ戻る