銀行のカードローンを比較してみた

銀行のカードローンを比較してみた

銀行のカードローンを比較してみた

以前の記事でもかきましたが、銀行のカードローンが金利が安くて得だという話をしました。

消費者金融や銀行の無利息キャッシングで借りて期限オーバーして高金利を穫られるリスクよりもずっといいと思いますし・・・

クレジット会社のリボ払いで高金利を穫られるよりずっといいと思います。

この年末年は、何かと出費が重なるとおもいますので、銀行のローンカードを持っていると便利だと思います。

申し込みも簡単で、消費者金融のネットキャッシングのようにネットで申し込みできてしまうのがおおいので、銀行まで出向く必要もなかったりします

また楽天銀行のカードローンは、楽天銀行に口座を持っていなくても利用できたりします。

こんかいは、みずほ銀行のカードローンをとりあげしみましょう。

年利は、5.0%〜14.0%で、リボ払いの、14%〜なんてものよりずっと安いですね。

融資額は10万円から500万円となっていて結構大きいです。

みずほ銀行で住宅ローンを利用している場合、その住宅ローンの店舗で、カードローンを利用すれば年0.5%も利息を引き下げてくれるので得です。(例外あり)

みずほ銀行は当然として、提携金融機関や郵便局、そしてコンビニのATMで引き出せるので、いつでもどこかで引き出せるのが便利です。

カードに年会費や入会金もありません。

だいたいこのような条件のカードローンが銀行のカードローンだとおもっていいでしょう。

比較として、楽天銀行のカードローンは、10万円30日間利用の利息は年4.9%で最低利息は0.1ひくくなりますが、上の住宅ローン利用の割引を使うと、みずほの方がやすいですね。

オリックスVIPカードローンは、銀行とはいえませんが似たようなもので、こちらは、実質年率4.8%〜14.8%で、50万円〜700万円と若干条件がよいですね。

トップへ戻る