産業復興機構の事業ローン

経済産業省中心に被災4県などと共同設置されたのが、産業復興機構という組織。

被災して事業の再建が困難な事業者のための資金の調達を助けてくれるというものです。

たいてい事業者は、金融機関から融資をうけている状態が普通。

既に事業ローンを組んでいた状態で返済もできなくなっているなか、さらに復興のためにローンを組めという、二重のローンを迫られてしまうわけです。

そこで、この二重ローン対策として、事業者がより資金を調達しやすくなるようにこの産業復興機構が支援するというわけです。

全取引金融機関の同意を条件に債権を買い取ったり、対象の事業者に元利金の返済を原則10年、最大15年猶予するという条件で、新たな事業融資をするわけです。

再建できるかどうかはわからないわけですが、猶予期間終了後に再建状況に応じて一部の債権を放棄することも選択肢したりすることになります。

一件、事業者の助けになりそうですが、申込みの条件が厳しいらしく、現実的に申し込んでいる事業者は、とても少ないらしいです。


トップへ戻る