第三者連帯保証人の禁止

日本の悪しき制度、それは「連帯保証人制度」です。

圧倒的に貸し手に有利で、本来の債務者に請求せずに、連帯保証人に請求でき、全く借りてもいない、善意の第三者人を追いつめる事ができる制度です。

こんなものがある先進国は日本ぐらいではないかと思います。

これもようやく、少し改善されたようです。

事業ローンやビジネスローンなど、事業融資を受けるさいに、連帯保証人をつける際に、経営に関係ない第三者をつける事ができなくなりました。

つまり友人、知人にお願いする事はできなくなったのです。借りる人にとっては、家族や経営に関わる親族、など意外に連いた保証を頼めなくなったという不便はありますが

それが今まで数多くの悲劇を生んでいますので、いいことだと私は思います。

本来、融資をするというのは、その事業で採算がとれるからであり、それを評価して融資すべきなのですからね。

事業融資の連帯保証人については、よく理解しておく必要があります。

トップへ戻る