キャッシング返済はシュミレーションで

キャッシング返済はシュミレーションで

キャッシング返済はシュミレーションで

ネットで簡単に申し込めて、即日キャッシングできる、ネットキャッシングや、30日間無利息の無利息キャッシングなど、とても便利な時代だが・・・

 


直ぐに借りられるのだから、その前に、キャッシングしたらどれぐらいの利息を支払って、どれぐらい毎月返済しなければならないのか、シュミションをしてから借りるようにしたほうがいいでしょう。

 


そうしないと、ついつい借りすぎでしまいます。

 


シュミレーションするといかにたくさんの利息を支払うのか現実が目に見えて分かるので、借入額を抑えようとか、すこしでも金利の安いところから借りようとか、躊躇するはずです。

また無利息キャッシングで借りるのだからといっても、万一のことを考えて、無利息期間内に返せなかったら、どうなるのかシュミレーションしておきましょう。

 


たとえば、50万円を、金利29%位でかりて、30回で返済しようとすると、総借入額は、708720円 にもなります。

 


つまり利息総額 208720円 も支払わなければならなくなるのです。

 


もったいないと思いませんか?

 


まっ、この金利はいわいるグレーゾーン金利になりますが・・・・。

 

 

 

利息制限法の最高金利18%の金利でも、返済総額624570円 で、利息総額124570円 にもなります。

 


12万円あったら何に使えるだろうと考えれば、安易にキャッシングしなくなるのではないでしょうか?

 


ちなみにこの返済シュミレーションは、「ネットキャッシング」というサイトにあるので利用してみるといいでしょう。

武富士、韓国企業が買収

返済といえば、過払い金の返済で破綻してしまい、会社更生法の手続きを受けている武富士ですが・・・・ 韓国の企業で、各国の消費者金融大手のA&Pファイナンシャルが買収しました。 過払い請求をしていて、返済してもらえていない人には朗報かもしれませんね。買収金額は280億円だそうです。 ただし債権者に支払われるのは、各請求額の3.3%だそうですから、100万円過払いがあったとしても戻ってくるのは3.3万円という雀の涙です。 なんでももう年内には、武富士の名前と店舗のまま営業を開始するとか・・・キッャシングがまた武富士の名前で始まるのですね、 しかし貸金業法の影響で苦しい消費者金融にさんにゅうする韓国企業の狙いはなんでしょうかね・・・ きっと韓国企業になったとしらずに、武富士という名前で借りるひともいるでしょうね。 最近韓国が大嫌いな人が結構増えているように感じますが、ライブドアブログが韓国企業、ロッテが韓国企業であるようなことさえ知らない人は沢山いますね。 で、その影響なのか、結局アプロが武富士の営業債権を買い取って営業した期間はわずか1年5カ月です。 最終的には2012年3月1日にJトラストの子会社である株式会社日本保証に252億円で売却
トップへ戻る