事業ローンは政府系か自治体融資が良い

事業ローンは政府系か自治体融資が良い

事業ローンは政府系か自治体融資が良い

これから事業を始めて独立を目指したい、そんな人が開業資金を調達するときは、公的な融資を利用した方がずっといいと思います。


銀行などの民間金融機関で事業ローンを組んで資金調達する場合、やはり金利は高いですし、返済の据え置き期間などがありませんから、毎月の返済ばかりが気になると思います。


そこえいくと、国民生活金融公庫の普通融資や中小機構などの政府系や、各地方自治体が行っている公的な融資などでしたら、金利も低く、据え置き機関もあります。

事業の成功はやはり、コストのかからない資金を調達することも含まれていると思いますので、めんどうがらずに、公的な事業融資を利用した方がいいでしょう。


また中小企業融資公庫では、一般貸付でも、最高4億8千万円というような大口ローンも扱っていて、新規事業開業では民間融資ではとてもむりなような大口ローンが組める可能性があります。


例えば、温泉を掘るなど開業資金が大きくなる場合でも、事業ローンで調達してなんとかなる可能性があります。


また短期のつなぎ融資などの事業資金の調達にもつかえる融資制度も公的融資の中にありますから、新規開業融資以外でも検討してもいいと思います。

トップへ戻る